SPECIALこの期間のとっておき企画

横手市 / 酒・食

横手の発酵食文化の魅力を体験できる旅

 県南地区の横手市は、県内でも特に味噌や醤油、日本酒の蔵が多く、発酵食文化が今も根付いている地域です。横手市増田にある羽場こうじ店が運営する「羽場こうじ茶屋くらを」では、麹や味噌などを使ったメニューを提供しているほか、味噌玉つくりの体験も可能です。

発酵食の素晴らしさを教えてくれる「羽場こうじ茶屋くらを」の女将・鈴木百合子さん。

かつての酒蔵をリノベーションした店内で味噌玉づくり!

 古くから豊かにお米が穫れ、恵まれた地域である横手市増田町。お米の一部は麹に変え、漬物や味噌などの発酵食を各家庭で作っていたそうです。大正7年創業の羽場こうじ店は、今も石室を使って麹づくりが行われており、その麹を使ったお味噌や甘酒などが販売されています。

 羽場こうじ店が運営する「羽場こうじ茶屋くらを」は、旧勇駒酒造だった酒蔵の建物をリノベーションしたカフェ&ショップ。店内には羽場こうじ店の商品はもちろん、さまざまな発酵食に関連したグッズなども取り扱っています。また、麹がいつも台所にある、米どころ秋田の食の魅力を体験していただくランチも提供しています。

 今回ご紹介するプログラムは「羽場こうじ茶屋くらを」の名物女将による、横手の発酵食文化の説明を聞きながら、羽場こうじ店のお味噌を使っての味噌玉づくりが体験できるもの。作った味噌玉は3つ持ち帰ることができるほか、発酵食をたっぷり使った特別ランチも付いています。

 いきいきと元気いっぱいな女将さんから、横手の発酵食の魅力を直伝されるステキなプログラムです。

DATA

名称名物女将から教わる味噌玉づくり体験・特別ランチ付き(日帰りプラン)
集合場所羽場こうじ茶屋くらを
開催場所羽場こうじ茶屋くらを
予約1週間前までに要予約
販売価格1名3,300円(税込)
最低催行人数4~10名
問い合わせ先横手市観光推進機構 0182-38-8653

内蔵の町・増田の町並みを散策しよう

 江戸の雰囲気を感じられる町並みを散策し、町内に点在する内蔵を見学してみては? タイムスリップしたような気分を味わえます!

 横手市増田町は、江戸時代以前より人と物資の往来でにぎわった地域で、県内有数の商業地でした。現在も、当時の繁栄を今に伝える伝統的な町並みや内蔵が多く残されており、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

 増田の一番の特徴は、内蔵です。通りには切妻造妻入を主とする主屋が連なっていますが、実はその背後に鞘で覆われた内蔵があり、外からはその存在すらもわからないようになっています。内蔵のつくりや用途はそれぞれさまざまですが、当時の最先端の左官技術を駆使した素晴らしい意匠を見ることができます。

DATA

問い合わせ先増田町観光協会 0182-45-5541
備考所在地:横手市増田町増田字上町53番地 増田の町並み案内所「ほたる」内
BACK