SPECIALこの期間のとっておき企画

男鹿市 / 歴史・文化

e-Bikeでめぐる男鹿半島の旅

秋田県の沿岸部、日本海にドーンと突き出している「男鹿半島」。秋田の伝統行事「男鹿のナマハゲ」が有名なところです。また、山と海の両方が楽しめる稀有な場所でもあります。男鹿半島をe-Bike(電動アシスト付自転車)で走りながら、「男鹿」の魅力を体験できるお得なプランをご紹介します!

e-Bike
画像提供:男鹿市

男鹿の“ナマハゲ”に会いに行こう

秋田県といえば真っ先にその名前が挙がるほど、全国に知られる「男鹿のナマハゲ」。2018年には、「男鹿のナマハゲ」など全国8県10行事が『来訪神:仮面・仮装の神々』としてユネスコ無形文化遺産に登録されました。せっかく秋田を訪れるなら、ナマハゲに会ってみたい! ついでに自然も満喫したい…!

そんな方には「なまはげ館」や「男鹿真山伝承館」を巡るサイクリングコースがピッタリです。恐ろしい形相と、地響きにも似た唸り声はテレビで見るのとは比べものにならない迫力。小さな子どもはもちろん、実は大人でも結構怖い。男鹿のナマハゲ、ご体感あれ!

「なまはげ館」では「男鹿のナマハゲ」の面や衣装の展示、大型スクリーンによる映画の上映を行っています。中でも150体以上のナマハゲが集う展示ホール「なまはげ勢揃いコーナー」は圧巻です。
画像提供:男鹿市

「なまはげ館」に隣接する「男鹿真山伝承館」では、ナマハゲ行事の実演が行われます。地元の人以外は見ることができなかったナマハゲ行事の習慣を間近で体感することができます。
画像提供:男鹿市

DATA

名称e-Bikeレンタサイクルでナマハゲ体験プラン
集合場所男鹿温泉交流会館 五風
開催場所男鹿温泉交流会館 五風
予約空きがあれば当日受付も可能
販売価格個人2500円(e-Bikeレンタサイクル料金、施設入館料含む)
最低催行人数1名〜
問い合わせ先男鹿温泉交流会館 五風 TEL:0185-33-3191
URL https://e-ogaonsen.com/news/2021/10/21145853/
備考「なまはげ館」「男鹿真山伝承館」の共通入館券付き。
e-Bikeも施設見学もゆっくり堪能できる2.5時間レンタル。
男鹿温泉交流会館五風から往復約15kmのお手軽プラン。
※ヘルメット付。
※自転車走行に適した服装でお越しください。
※米国製e-Bikeのため、サイズは大きめです(TREK Dual Sport+/TREK Verve+2 Lowstepを用意)。
※e-Bikeとは電動アシスト付自転車のことです。乗車前に簡単なレクチャーを受けられるので安心です。

「男鹿水族館GAO」へ海の生き物に会いに行こう

男鹿の大人気スポット「男鹿水族館GAO」を目的地の一つとしたサイクリングコースも。「男鹿水族館GAO」はホッキョクグマをはじめ、ペンギン・アザラシ・アシカなど、400種1万点の生きものを展示しています。

また、秋田県の県魚「ハタハタ」を通年展示しており、秋田県民が愛するハタハタの生態をじっくり観察することができます。サイクリングで汗を流したら、水槽を泳ぐ魚たちを眺めながら涼むのも良いですね。

迫力満点の「男鹿の海大水槽」。深さ8m、水量約800tの巨大水槽には、男鹿の海に生息する約40種2,000匹の魚たちが展示されています。ウミガメやエイ、コバンザメなど、さまざまな生き物が泳ぐ姿を見ることができます。画像提供:男鹿市

DATA

名称e-Bikeレンタサイクルで海の生き物に会いにいこうプラン
集合場所男鹿温泉交流会館 五風
開催場所男鹿温泉交流会館 五風
予約e-Bikeに空きがあれば当日受付も可
販売価格個人 2,500円(e-Bikeレンタサイクル料金、施設入館料含む)
最低催行人数1人〜
問い合わせ先男鹿温泉交流会館 五風 TEL:0185-33-3191
URL https://e-ogaonsen.com/news/2021/10/21145853/
備考「男鹿水族館GAO」の共通入館券付き。
e-Bikeも施設見学もゆっくり堪能できる2.5時間レンタル。
起点の男鹿温泉交流会館五風から往復約13kmのお手軽プラン。

※ヘルメット付。
※自転車走行に適した服装でお越しください。
※米国製e-Bikeのため、サイズは大きめです(TREK Dual Sport+/TREK Verve+2 Lowstepを用意)。
※e-Bikeとは電動アシスト付自転車のことです。乗車前に簡単なレクチャーを受けられるので安心です。
BACK